【C言語入門】do while文の使い方

C言語で繰り返し処理(反復処理)を実現するために for文 や while文 と同じように使用されるのが do while 文です

今回は、do while文の使い方をサンプルソース付きで説明します

do whileの構文

do 文 while ( 式 ) ;
最後にセミコロン(;)が必要です

do whileの説明


 繰り返したい処理を記述する場所
 文の途中で式に進む場合は、continue文 を使用する
 文の途中で繰り返しを終了したい場合は、break文 を使用する


 式には文(繰り返し処理)を実行する条件式を記述する
 条件式が真の場合(成り立つ場合)に文(繰り返し処理)が実行される

do文 制御式の評価は,ループ本体の各実行の後に行う。

JISX3010 プログラム言語C
do while文動作
do while文動作

do whileの使い方サンプル

実行結果が同じになるように do while文の記述を変えた簡単なサンプルを紹介します

式の記述あり

ごくごく一般的な do while文 の使い方のサンプル

#include <stdio.h>

int main(int argc, char *argv[]) {
	int i = 0;
	do {
		printf("Loop i=%d\n",i);
		i++;
	} while(i < 5);
}
while文 式の記述ありサンプル実行結果
do while文 式の記述ありサンプル実行結果

式が固定値(無限ループ)

繰り返しの終了条件が複数存在する場合等に使用される使い方のサンプル

#include <stdio.h>

int main(int argc, char *argv[]) {
	int i = 0;
	do {
		printf("Loop i=%d\n",i);
		if(i++ >= 4) {
			break;
		}
	} while(1);
}
while文 式が固定値(無限ループ)サンプル実行結果
do while文 式が固定値(無限ループ)サンプル実行結果

do while文のまとめ

do while文の最後にはセミコロン(;)が必要

式の前に文が実行される(while文の場合とは逆になっている)

式には繰り返し処理を実行するための条件を記述する

式に 0(ゼロ)以外の数値を記述することで無限ループを作ることもできる

最初に文が実行されるので、文を1回は実行したい場合に利用する

do while文でなければ実現できないものは無いので

繰り返し処理を実現する場合のほとんどは、for文 か while文 を使います

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA