安倍首相の辞任表明でいま思うこと

こんにちは、もがちゃんです。

先日(2020年8月28日)に安倍総理が辞任の意思を記者会見の場で表明されました。
その時間帯は仕事中のため、記者会見の模様は自宅に帰ってからYouTubeで見ました。
何らかの発表があることはニュースで知ってましたが正直、辞任表明するとは思ってもいなかった出来事だったのでビックリ。

今回の記事では、第二次安倍内閣発足当時から現在までの自分なりの振り返りとこれから心配すること、期待することをまとめました。

第二次安倍内閣発足当時は

第二次安倍内閣が発足したのは、2012年12月、あの頃は確か会社勤めで関東方面へ長期出張していました。

当時既に株式投資を行っていた(放置状態でしたが)ので、日経平均株価が上昇し始めたことは覚えていますし、アベノミクスの言葉が聞かれるようになった頃には、第二次安倍内閣発足当時に株式投資に投入する金額を増やしておけばとちょっとした後悔もしました。

第二次安倍内閣が発足後、しばらくしてから購入した株価指数に連動するETF(上場投資信託)は、有り難いことに評価益状態で現在も保有していますし、配当金もわずかながら貰えてます。

為替も円高から円安方向へ転換し、株価も上昇基調に変わり、あの頃未来はだんだん良くなってくるんだなぁと漠然とした安心感を持ってました。

安倍首相が辞任表明した今は

安倍首相が辞任表明した今は

第二次安倍内閣が発足した、2012年12月から現在までの間には、初めて務めた会社を退職、職業訓練を受けながら転職活動を行い、今現在勤めている会社への就職と私にも生活に変化がありました。

これまでの期間、アベノミクス効果もあり会社を退職しても、無事再就職することが出来て無事平穏な日常を過ごすことが出来ています。
もし、アベノミクスが無かったら会社を退職した後、再就職出来ていたかどうか….

アベノミクス前は新卒者の就職も困難な状況だったと記憶しているので、もしかしたら会社を辞めていなかったかもしれませんし、その際はどうなっていたのか…..

最近は、新型コロナの問題、米中対立問題など先行き不透明感があります。
日本の経済が発展していくのか一転して衰退していくのか、はたまた停滞したままなのか、一般庶民としてはやはり経済的な部分がどっちの方向に向いていくのかが大きな関心事です。

安倍首相の次の首相は

安倍首相の次の首相は

ニュース等によれば、安倍首相の後任として以下の人物の名前があがっているようですが…..

  • 石破茂元幹事長
  • 岸田文雄政調会長
  • 河野太郎防衛大臣
  • 麻生太郎副総理兼財務大臣
  • 菅義偉官房長官

石破茂元幹事長は、昔テレビをよく見ていた時の印象ですが、ゆっくりとした口調で言葉は良く聞こえるけど、話している内容が良く解らない印象の人。
オタクな面ももっているようですが、経済、外交、安全保障など大丈夫なのかな?って感じです。とくにアメリカ大統領のトランプさんと上手くやっていけるのか疑問符が付きまくりです。

岸田文雄政調会長は、ぱっと見スマートな感じですが政治的にどのような人なのかは全然わかりませんし、普段なにを発現しているのかも聞いたこと(目にしたこと)がないので、影のだれかに操られそうで心配です。

河野太郎防衛大臣は、TwitterやYouTubeでの発信しているので若者には人気がありそうな印象、英語が上手で海外の偉い人との交友関係もあるという事なので外交には期待できそうです。防衛に関しても記者会見のやり取りをチラ見したかんじでは安心できそうです。
心配なのは、経済面と最近話題になっている皇室に関する理解でしょうか。

麻生太郎副総理兼財務大臣は、割とはっきり発現する人のイメージですが、経済面に関しては不安です。やはり消費税を上げたい財務省側の考えを持った人なのかって事ですね。国会答弁なんかをチラ見している感じでは頼りがいがありそうですけどね。

菅義偉官房長官は、官房長官のイメージが強すぎて…首相のイメージができません。何の根拠もありませんが何か闇を持っていそうで怖い気もします。
IR問題やアイヌ問題などに関係しているとかしていないとか….
以前、安倍首相の任期が話題になっている時、繋ぎで菅義偉官房長官が首相になった後、再度安倍さんが首相になるというようなストーリーを聞いた時は、それもありかなと思いましたけどね。

私は自民党員でもないので、事実上の首相を決める自民党総裁選には関係がありませんが、少しでも安心できる人に首相になって欲しいものです。

安倍首相の辞任表明でいま思うことのまとめ

安倍首相が辞任表明したのを受けて、次期首相になる人にも継続して、以下の日経平均の値動きのように右肩上がりで日本の経済が成長するような政策を実施して欲しいものです。

直近10年の日経平均の値動き
直近10年の日経平均の値動き

逆に、右肩下がりになるような経済政策を実施するような人には首相になって欲しくない。

外交面で期待するのは、今後も米国との良好な関係を持ちつつ、反日的な国とは距離を置き、台湾のような親日国と友好関係を深めてもらえればと思います。

安倍首相には、次の首相が決まるまではよろしくお願いします。
そして、今までありがとうございました。と言いたいですね。

更に、もし体調が良くなって気力体力とも復活したら、心残りであろう憲法改正や拉致問題の解決のために三度首相を目指してくれたらと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA